切手を高価で買い取ってもらうためのコツ

買い取り店を比較してみましょう

切手の買い取り店はインターネットで見つけられるのですが、お店毎に買い取り価格が異なるため、高く売るのであれば比較が重要です。
高く売れる切手の多くは古い時代の切手、状態に応じて高価買い取りになるケースも多いのですが、お店毎に査定評価の仕方が変わるので、ホームページをチェックして今までにどのくらいの金額で取引が行われているのかをチェックしておきましょう。
買い取りして貰える枚数は、バラ品の切手を1枚からでも買い取りしてくれるお店もありますし、バラ品の切手が50枚集まっていると買い取りしてくれるお店、切手シートのみを対象にしているお店などがあるので、これから切手を買い取りして貰うお店がどのような形で取引が出来るのかを把握しておく事も大切です。

バラ品を高く売るコツ

記念切手の中でも比較的新しいものは、買い取りしてくれるお店が限定されて来ます。
切手を買い取りする専門店の切手商は市場に多く残っている切手の場合、バラ品はNG、シート限定と言うケースもあるからなのです。
明治から大正、昭和にかけての戦前に発行された切手であればバラ品でも買い取りして貰えても、切手ブーム以降に発行された一部のプレミア切手以外は対象外と言うケースがあります。
こうした切手は、台紙貼り切手として査定をしてくれるお店を選べば、高価買い取りして貰えますし、台紙貼り切手の場合は、額面に対しての買取りレートがお店毎に決まっているので、業者間比較もし易いですし、破れていないものであれば買い取りが出来ると言うメリットもありますよ。