切手を売るために必要な準備

どこで切手を売るのかを決めましょう

切手を売るための準備の中でも重要なのが、どこで切手を売るのかです。
切手の買い取りを行っているお店は数多くありますし、お店によっては特定の切手やシートのみと言うケースもあるので、売却出来るお店をネットで検索するのがお勧めです。
買い取りにおいては、目利きを行う人が買い取り価格を決めるお店、切手の額面に応じて種類に関係なく一律の値段で買い取り価格が決まっているお店などがあります。
古い時代の切手などの場合、買い取り価格が1枚当たり数千円から数万円と言う金額で取引されるものもあるので、こうした切手は目利きを行って買い取り価格を決めてくれるお店を選び、比較的新しい切手については台紙貼り切手で買い取りしてくれるお店を選ぶのがお勧めです。

売りたい切手を整理してみよう

切手の種類などに応じて買い取りして貰えないお店もあります。
切手商などの専門店の場合、最近発行された新しい切手やブーム以降に発行された記念切手を対象外にしているケースもあります。
売りたい切手がブーム以降のものが主体となっている場合には、売る切手と保管しておく切手を整理しておきましょう。
価値の高い切手は切手専門店で売却し、ブーム以降に発行された切手は台紙貼り切手で売却を行う方法もありますし、幅広い切手の買い取りを行っているお店を利用する場合は、あえて分ける必要もなくストックブックごとお店に持ち込むか、宅配便や出張買い取りを利用して売る事が出来ます。
尚、切手を売る場合には運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要になるので、忘れずに用意しておきましょう。